宅建の正式名称が変わることの影響は?

2015年4月より宅建の正式名称が「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」に変更になるのですが、この名称の変更によって宅建の資格自体のグレードが上がるのでは?ともささやかれております。

現時点(2015年1月)では、資格試験制度に関する変更などの情報は特にないため、直近の試験ではおそらくですが例年並みの難易度になってくると思いますが、今後点数のボーダーが上ったり、難問奇問などの出題数が増えたりするんじゃないでしょか。

なお、資格名に「士」が入る資格と言えば、「弁護士」「税理士」など資格を持っていれば食べていくのに困らない士業と言われる職業に就けるわけですが、宅地建物取引士も今後このような士業資格の仲間入りが出来るようグレードが上がってほしいもんですね。
※持ってない方からしてみれば迷惑な話ですが・・・

まぁ、何にしても名称変更後の1回目の試験でどういった動向になるのか注目ですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ